新型コロナの致死率は大気汚染の深刻さに関係か ドイツ研究者らが調査

ざっくり言うと

  • ドイツの研究者らが、新型コロナ感染者の死亡例について調査した
  • イタリアとスペイン、フランス、ドイツで発生した約4400件を調査
  • すると大気汚染が深刻な地域ほど、致死率が高い傾向にあると分かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x