エクアドル・グアヤキルの診療所前で、3日間放置されているとされる遺体を見つめる男性(2020年4月3日撮影)。(c)Str / Marcos Pin / AFP

写真拡大

【AFP=時事】新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)により、南米でも最悪レベルの被害を受けたエクアドルの港湾都市グアヤキル(Guayaquil)で、多数の遺体が路上に放置されていたことを受け、同国のオットー・ラモン・ソネンオルスネル・スペル(Otto Ramon Sonnenholzner Sper)副大統領が4日、謝罪した。

 新型ウイルスへの恐怖で覆われたグアヤキルの住民らは、路上に捨てられた複数の遺体を捉えた動画をソーシャルメディア上で公開。

 同国で感染症への対応を率いるソネンオルスネル副大統領は4日、地元メディアが放映した演説で、「決してあってはならない映像を目にした。皆さんの公僕として謝罪する」と表明した。

 当局は今週、少なくとも150人分の遺体を路上や民家から収容したものの、そのうち新型コロナウイルスの犠牲者が何人だったかについては確認しなかった。

 エクアドル政府は感染拡大を食い止めるため、緊急事態宣言を発令し、夜間の外出禁止措置を導入している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
100体超の遺体のせたトレーラー、行く先々で悪臭に苦情 メキシコ
IS戦闘員の遺体700体、冷凍コンテナで一時保存のまま1年 リビア
【図解】手洗いがほぼ不可能な国も…せっけんと水の普及状況