発達障害児の数が20年余りで7倍増加したワケ 診断概念の拡大が影響か

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 全国の公立小中学校における発達障害児の数が、初めて9万人を超えたという
  • 20年余りで7倍以上増えた裏には、統計のからくりがあるはずだと識者は指摘
  • 発達障害の診断概念が広がり、診断名が付く子の人数も増えたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x