2006年のオシム監督以来となる就任からの2連勝を飾ったハリルJAPAN。「日本代表は明らかに進化した」と喜ぶファンは多いが、大きな宿題が残されたままだ。フリーキック(FK)のキッカー問題である。

 2010年の南アフリカW杯以降、日本代表のFKは左利きのFW本田圭佑と右利きのMF遠藤保仁の2人が担ってきた。しかし、ハリルホジッチ監督就任で遠藤が代表から落選した今、右利きのキッカーが「空席」となっている。

 もちろん、左利きの本田にも「指定席」は確保されていない。3月31日のウズベキスタン戦前にハリル監督は日本代表のFKについて、「ここ数年、ほとんど入っていない」とダメ出し。南アW杯のデンマーク戦、2013年の親善試合・ウルグアイ戦と、この5年間で2度しか決めていない本田を念頭に置いていることは明らかだ。

 注目されたウズベキスタン戦では本田はFKを一切蹴らずに、FW乾貴士やMF柴崎岳、FW香川真司らが蹴った。サッカージャーナリストの河治良幸氏がいう。

「ハリル監督はFKを誰に託すかまだ決めかねているようです。今後、代表メンバーを絞り込んでいく中で決めるのではないでしょうか。

 ザッケローニ監督もアギーレ監督も本田選手と遠藤選手のどちらが蹴るかは本人たちに任せていましたが、ハリル監督は細かく指示を出すタイプなので、今後は選手同士で相談して決めるようなことはないでしょう」

 2010年の南アW杯前のオランダ戦では、FKを獲得した際、MF中村俊輔と本田が「どちらが蹴るか」で互いに折れず、中村が強引に蹴るという場面があった。そのFKを決められなかった中村はW杯でスタメン落ちし、本田はデンマーク戦で「ブレ球FK」を決めて名実ともに日本代表のエースにのしあがった。

 しかし本田のFKはその後めっきり入らなくなった。

「南アW杯当時のボールはブレ球を蹴りやすい構造だったが、今は変化が出にくいボールが使用されている。FKが決まらなくなったのもそのせいだといわれています。ブレ球に頼らないキックを練習していますが、成果が出ていない」(スポーツ担当記者)

 かといって本田の存在を脅かすキッカーも今のところ現われていない。現メンバーで有力候補は右利きのMF柴崎とMF清武弘嗣、左利きのDF太田宏介らがいる。しかし、「同じ左利きの太田と本田では、明らかに本田が上」(同前)だ。

 前出・河治氏は「ライバルは本田選手自身」と見る。

「パスを繋ぎながら相手の間隙を縫ってシュートに持ち込む本田選手のスタイルに、スピードを重視するハリル監督は違和感を持っている。自分の攻撃スタイルを変えなければスタメン落ちだけでなく代表落ちもあり得る。FKキッカーどころの話ではありません」

 今こそ本田にハリル戦術に対応するための「ブレ」が求められている。

※週刊ポスト2015年4月17日号