8日、大公体育によると、韓国のフィギュアスケート選手キム・ヨナが、ディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」を歌う様子を収めた動画が公開され、たちまち多くの反響を呼んだ。写真はキム・ヨナ。

写真拡大

2014年4月8日、大公体育によると、韓国のフィギュアスケート選手キム・ヨナが、ディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」を歌う様子を収めた動画が公開され、たちまち多くの反響を呼んだ。

【その他の写真】

サムスンが6日に公開した広告動画の中で、キム・ヨナは児童合唱団とともに「Let It Go」を歌っている。この動画を見た人々からは「声が透き通っている。プロの歌手になれる素質がある」「本物の“雪の女王”が歌う主題歌により感動した」「歌がどうこうというよりも、彼女が『Let It Go』を歌っている姿を見るだけで感動する」など、称賛の声が相次いだ。

また、韓国ネットユーザーは「『アナと雪の女王』の女王の原型はキム・ヨナだ」「キム・ヨナが試合での楽曲に『Let It Go』を選んでくれたら」とコメントしている。韓国ではソチ五輪の前から熱狂的なファンが、キム・ヨナの演技の映像に「Let It Go」を合わせた動画を作成。これまでにさまざまなバージョンが出現している。

今回、キム・ヨナを起用したサムスンに対しても、「夢を現実のものにしてくれた」と絶賛の声があがっており、多くの人が完全版の音源の公開を待ち望んでいるという。(翻訳・編集/北田)