出典: https://www.shutterstock.com/

女性が彼氏を見定めるように、男性も彼女が “結婚にふさわしい相手”かどうか見定めています。

男性にとっても結婚と恋愛は違うものなので、たとえ大好きでも“この子との結婚はないな”と思うこともあるそう。

そこで今回は、男性が“この子との結婚はないな”と思う決定的な瞬間をピックアップ。彼との将来を考えている女性は、チェックですよ。

 

■家事ができない・したくない

“家事ができない”のを見た瞬間、“この子との結婚はないな”と思う男性もいるようです。

専業主婦になるにしても、共働きで家事を分担するにしても、彼が専業主夫にならないのなら、“家事ができない人と生活なんてできない”と思うのかもしれませんね。

また、“家事をしたくない”と思っている人も大問題。

お手伝いさんを雇えるほど稼ぎがあればいいですが、稼ぎもないのに“家事をしたくない”なんて子供のようなことを言っていれば、そんな彼女との結婚なんて、考えたくないのかもしれません。

 

■体裁が悪いと感じた瞬間

体裁が悪いと感じた瞬間、“この子との結婚はないな”と思うようです。時代は変わっても、結婚となれば多少の体裁は考えるもの。

家族、親戚、友達、会社の同僚や上司に、“会わせることができない”と思うような彼女とは、結婚したいなんて思わないのでしょう。

例えば、食べ方が汚い女性は、彼女なら問題なかったとしても、結婚となれば体裁の悪さを感じるようなので、最低限の“教養”や“マナー”は、あったほうがいいのかもしれませんね。

 

■生活レベルや生活的な価値観が合わない

“生活レベル”や“生活的な価値観”が合わないと感じた瞬間、「結婚は無理!」と思うようです。

お金の使い方に違いがありすぎたり、何を重視し何を妥協するかの感覚が違ったりすると、一緒に生活するのは難しいと感じるのかもしれません。

“財布のヒモは預けられない”“生活に支障が出る”と感じる女性とは、結婚したいと思えない男性がいるということは、男性も結婚に対しては、“現実的に考えている証拠”かもしれませんね。

 

どんな彼女であろうとも、本当に大好きで愛を抱いているなら結婚したいはず。そのため、何かと理由をつける時点で、“最初から結婚したい相手ではない”のかもしれません。

それでも、結婚に消極的にならざるを得ない事柄があれば、愛情の赴くままに結婚へ突き進む勢いにブレーキがかかってしまうので、男性が結婚を躊躇するような女性でないことに、越したことはないのではないでしょうか。

【画像】

※ Sergej Cash/shutterstock

【関連記事】

「結婚しよ!」“体だけの関係の彼”につい送ってしまったセンチメンタルLINE

ワンナイトラブならいいけど…「付き合うのはNG」な女子の特徴

アラサー男がぶっちゃけ。「彼女にこれで落ちました!」LINEエピソード

男が発している!さりげない「好き」のサイン

アラサー女がハマった「年下ヒモ彼氏」からのLINE