【優しい世界】Amazonの返品ルールが「ゆるゆる」でした

写真拡大 (全3枚)

商品を間違えて購入したり、イメージと違ったりと、自己都合の返品はなんとなく申し訳ないような気がします。Amazonならそんな遠慮は一切必要ありません。間違えたら返品して、少しでも返金してもらいましょう。


どれぐらいなら大丈夫?
返品の基準は「ゆるゆる」です


ポチる前によく確認してはいるけれど、商品を間違って購入してしまったなんてことはよくあること。Amazonではそんな人たちのために返品も受け付けています。条件もかなりゆるく、購入から30日以内であれば返品可能です。

未開封、電子書籍、Dash Buttunの押し間違いなどは100%返金されます。さらに、開封して使用している場合でも、50%が返金されることもあります。ただし、30日を過ぎると返金額が20%減額されてしまいます。



多くの製品が返品可能ですが、雑誌など一部製品は返品不可となっています。その理由は様々ですが、返品を行う際は、返品可能な製品ジャンルかどうか、まずはAmazonのサイトでお確かめください。

返金のタイミングは、注文時の支払い方法によって異なりますが、返品する商品がAmazonに届いてから1〜3日程度で返金処理がなされるようです。返金処理が完了すると、完了メールが届きます。

購入する商品を間違った! と思ったら、とりあえず返品を交渉して少しでも返金してもらいましょう。


返品基準が甘いなら
何度返品してもいいの?


そもそも、返品はやむを得ずするもの。基準が甘いからといって、何度も繰り返して返品するのはダメです。悪意を持って繰り返せば、アカウントを停止されてしまうこともあります。明確な判断基準はありませんが、騙すつもりで繰り返し行うと痛い目にあうので絶対禁止!


返品する時の送料は?
自己都合でなければ着払い


返品は「返品受け付けセンター」からの手続きが必要です。



所定の手続きの後、宅配便で集荷を依頼し、着払いを指定すれば送料がかかりません。ただし、自己都合の場合、着払いにすると返金額から送料分が差し引かれます。

Amazonの返品は、「購入から30日以内」がほぼ唯一の条件でした。返品手続きも簡単なので、間違って購入してしまった場合は遠慮なく返品しても大丈夫です。返ってきたお金でショッピングを楽しんじゃいましょう!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。