「iPhone8」にはワイヤレス充電が採用されると噂されていますが、Wi-Fiルーターを使ったワイヤレス充電システムの特許を、Appleが出願していたことが分かりました。

Wi-Fiの電波を充電に活用!

米国特許商標庁(USPTO)が現地時間4月27日に公開した資料に、Appleが出願した「二重周波数の平面アンテナを用いたワイヤレス充電と通信システム」と名付けられた特許が含まれていました。
 
2015年10月に申請された特許は、Wi-Fiの電波を通信と充電の両方に使うための技術についてのもので、携帯電話の通信に使われる700MHzから2,700MHz、Wi-Fi通信の2.4GHzや5GHz、さらにはWiGigと呼ばれる短距離高速通信規格用の60GHzまで、多くの周波数帯を使ったワイヤレス充電について述べられています。

ビームフォーミング技術を活用、効率的な通信と充電を実現

申請書類では、ワイヤレス充電と通信を行う機器は、平面アンテナを内蔵しており、Wi-Fiルーターにあたる給電側とiPhoneなどの受電機器のアンテナをペアリングし、アンテナの指向性を変えてより効果的な通信と給電が可能になるビームフォーミング技術の活用が想定されています。

「iPhone8」に搭載が噂されるワイヤレス充電

Appleの特許情報に詳しい米メディアPatently Appleによると、Appleはこれまでにワイヤレス充電に関する特許を4つ申請しており、今回が5つ目の特許申請となります。
 
今秋の発売が噂される「iPhone8」には、ワイヤレス充電が搭載されると噂されています。
 
今年2月、Appleが「Qi」規格を推進する業界団体に加盟したことで注目を集めましたが、Appleは遠距離ワイヤレス充電方式など、5つのワイヤレス充電方式を検討している、とも報じられています。

 
 
Source:Patently Apple, AppleInsider
Photo:YouTube

(hato)