どこを切ってもすいかの断面が…! 花火とすいか、夏の二大風物詩をモチーフにしたロールケーキにビックリ☆

写真拡大

花火にすいか。どちらも夏の風物詩ですが、このふたつをモチーフにしたロールケーキがこのたび登場しました! その名も「HANABI(花火)ロール」。

まるで縁側ですいかを頬張りながら、夜空に打ち上げられる花火を眺めている気分になれそうな、夏にピッタリの逸品です。

【どこから切ってもすいかが出てくるよ♪】

表面には夜空に咲く花火模様があしらわれ、中心には小さなすいかのロールケーキが包まれています。すいかの皮部分は抹茶スポンジ、果肉部分はラズベリームース、種はチョコレートでできているそう。

どこから切ってもかわいいすいかの断面があらわれるのが特徴で、すいかの色や見た目など再現するべく考えられているのがお見事ですね!

【サプライズのあるスイーツ

手がけたのはパティシエの窪田秀樹さん。2004年第21回世界料理オリンピック「デザート部門」金賞受賞など、受賞歴を多数持っており、その腕前はたしか。

「味、形すべてにおいてサプライズを大切にした『食べる人が笑顔になるデザート』を追求し、創作する毎日」とのことで、「HANABI(花火)ロール」もまさにこのスピリットを反映したスイーツとなっています。

【サプライズのあるスイーツ】

販売は6月20日から8月31日まで。大阪の千里阪急ホテルもしくはホテル阪急エキスポパークで購入できます。夏休みのおみやげなどに持って行ったら誰もがビックリ、話のネタにもなりそうですね!

参照元:千里阪急ホテル・ホテル阪急エキスポパーク ニュースリリース、アットプレス
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む