一度きりの人生、我慢は最小限にとどめて、自分の好きなように生きていくのが理想的。めまぐるしい日常に押し流されてストレスと疲労感に打ち負かされてしまう前に、まずは自分自身と向き合ってみてはいかがですか?
今日は「自分に問いたい4つの質問」をまとめてみました。

Q1. なにを恐れているの?

弱点はいつも人を臆病にしてしまいます。弱点のせいで、行動範囲が制限されていませんか? 挑戦は自分を成長させるうえで必要不可欠。もしも自分の弱みが自分への挑戦の妨げになっているのなら、その原因と対処法をしっかり見極めることが大切。自分の弱みと向き合うことは、自分の成長へとつながります。
まずは、自分自身の弱みを知るために「挑戦したくてもできなかったこと」と「その理由」について考えるみましょう。自分自身と向き合うことで答えがみえてくるはずです。

Q2. 自分の才能を無視していない?

周囲の目を気にしたり、成功することにとらわれてばかりで、小さい頃得意だったことや分野を無視し続けていませんか?
自分の才能を肯定するのは決して容易なことではありませんが、せっかく生まれもった才能や特技を生かしながら人生を歩みたいもの。仕事とはまったく関係ない分野だとしても、才能を趣味として生かし続けることでプライベートがさらに充実するはず。
自身の才能を認めることは、自尊心を高め可能性を広げていくうえで重要なプロセスです。

Q3. 表情が輝いているのはなにをしているとき?

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうもの。自分の好きなことや没頭できること、笑顔でいられる瞬間はどんなときですか?
自分の趣味や好きなことをきちんと言葉で理解することは、ストレス解消の糸口にもなります。何気ないことでもいいので、自分の表情が輝く瞬間はなにをしているときなのか、箇条書きにしてみるのがオススメです。

Q4. 自分にとって一番大切なものはなに?

自分にとって、なにが一番大切なのか。ものごとに優先順位をつけることは、本来の自分自身をとり戻すのに必要なプロセス。たとえば仕事がうまくいかなくて、家族に八つ当たりしまったら「仕事と家族、自分にとってどちらが大切なのか」について考えてみましょう。
本当に大切な人やものを傷つけてまで、すべてのエネルギーを仕事に費やす必要性があるのか、きっと答えがみえてくるはずです。たった一度きりの人生、忙しい日々に追われて大切なものを見失ってしまうこともあります。一度立ちどまり、自分の人生にとってなにが一番大切なのかを考えてみてはいかがですか?