スイス・ジュネーブにある世界保健機関(WHO)本部の看板(2020年7月3日撮影、資料写真)。(c)Fabrice COFFRINI / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)世界保健機関(WHO)は3日、新型コロナウイルスの有効なワクチンの開発が急がれる中、「特効薬」は存在し得ない可能性があるとの見解を示した。

 同コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な大流行は人々の日常生活を一変させ、壊滅的な経済危機を招いた。同ウイルスの感染拡大を抑えるため、WHOは各国政府および市民に対し、検査や接触者の追跡、対人距離の確保、マスクの着用といった既知の基本事項に注意を集中するよう呼び掛けている。

 テドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長はジュネーブで開催されたビデオ会議形式の記者会見で、「人々の感染を防ぐのに役立つ有効なワクチンを複数保有できればと、われわれは皆望んでいる」とした上で、「しかし現時点で銀の弾丸(簡単に問題を解決できる『特効薬』の意)はなく、今後もあり得ない可能性もある」と警告。

「今のところ感染拡大の阻止には、やはり公衆衛生および疾病管理の基本事項が重要だということになる」と述べたテドロス事務局長は、その基本を「全て実行しよう」と訴えた。

 AFPによる公式情報の集計によると、新型コロナの感染拡大が中国・武漢(Wuhan)で最初に始まって以降、死者は69万人に迫り、感染者は少なくとも1810万人に上っている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
米初のコロナ陽性犬を安楽死、基礎疾患で重症化か
コロナ禍で少女と女性900人超が行方不明、死亡の恐れも ペルー
中国除く初期コロナ感染者、25%超にイタリア渡航歴