SNS上で以前大きな反響を呼んだ、「カップヌードルで作る炒飯」。

最近では、「カップヌードルお好み焼き」なるアレンジが話題です。

味付け要らず

カップヌードルの公式ツイッターが2020年6月5日、「お好み焼粉がなくても、強引にカップヌードルでお好み焼が作れることがわかりました」「#苦肉の策」として作った様子をアップしたところ、2.3万のリツイート、5.6万のいいね(6月11日現在)が寄せられ、話題になっています。

おこもり時間が増えた最近、お好み焼き粉の需要が高まり手に入りにくくなっていますが、これならいつでも簡単に作れそう!

気になった記者も実際に作ってみました。

用意する材料は、カップヌードル、卵1個、キャベツ80g、小麦粉大さじ3杯、水100mlです。

まずカップヌードルを1食まるごと砕きます。

次に、砕いたカップヌードル、卵、キャベツ、小麦粉、水をすべて混ぜ合わせます。

しっかりと混ぜ終わったら、あとは焼くだけ。公式によると焼くときに蓋をするとふっくらな仕上がりになるといいます。

完成したものがこちら。見た目は美味しそうなお好み焼きに仕上がりました。

熱々のうちに食べてみると、多少の麺感は感じますが、そこまで違和感はありません。中はふわふわ、外側は麺がところどころカリッとしていて、お好み焼きともんじゃ焼きの中間のような感覚でした。

カップヌードルの味わいが活かされているため、ソースやマヨネーズなどをかけなくてもしっかりとした味です。お好みでソースをかけるとよりお好み焼き感が味わえるかもしれません。

SNS上では実践した人と見られる人たちから、

「めっちゃ簡単で美味い」
「美味しい!!満たされた!!」
「ありかなしかで言うと全然アリ」

など好評です。

「あと一品欲しい」なんてときにパパっと作れるので、覚えておくといいかもしれませんね。