画像提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・EXITの兼近大樹とその父が、きょう27日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(毎週火曜19:56〜)に登場する。

今回は「夏の激アツ家族大集合SP!」と題し、芸能人とその家族が集合。新婚・小林麻耶&あきら。、EXIT・兼近の離婚した父、杉浦太陽&辻希美夫妻、さらに、アンガールズ・田中卓志の母、村上弘明&都夫妻、ゆきぽよのフィリピン人の母という強烈な個性を持つ家族たちが、初対面の明石家さんまを相手に波乱を巻き起こす。

大先輩のさんまを「シーフードパイセン」と呼ぶなどチャラいキャラでブレイク中のEXITだが、兼近の父はその息子の言動に「テレビを見て心臓止まりました。申し訳ございません」と平謝り。一見、良識ある父親の態度を見せるが、兼近が明かす父の言動は息子同様“ゲキヤバ”で、SNSで息子の偽アカウントを作って、解禁前の情報をバラしたり、ファンの女の子とやりとりをしたりと、仰天の行動が明らかになる。

小林は夫婦で番組初登場。小林が大学生の頃から番組で共演しているさんまは、夫を連れてきた小林に「不思議な感じ」と感慨深い様子を見せる。

そんな新婚の小林は「料理教室に一緒に通ってくれて。キッチンデートしてます」「必ず一緒に歯を磨きます」などラブラブアピールが止まらない。“交際0日婚”と話題だが、その真相について、夫のあきら。は「友人との食事会の帰りのタクシーで『僕と結婚してください』って出ちゃったんです」と告白。小林も「『やめたほうがいいよ』って何度もお断りしたんですけど、家に帰ったら涙が止まらなくて。私うれしいんだって」と詳細に語り、さんまをイライラさせる。一方、辻は「私、逆なんです」と、自分から夫・杉浦に猛アピールしたそう。杉浦は、何度も告白してくる当時18歳の辻に「子どもだな」と最初は思ったものの、だんだん女性として見るようになったといい、「最後は俺から言わせてくれ」と男らしく告白したと明かす。