地元でも昔から“いい人”で有名なみやぞん(公式HPより)

写真拡大

 松本人志(53才)に「なかなかのもんやわ」と言わしめ、伊集院光(49才)は「果てしないバカ」「おもしろ脳」と絶賛。ヒロミ(52才)からは名指しで共演を求められ、同い年の松田翔太(31才)とは意気投合して連絡先を交換する。今、芸能界で最もアツイ男。それが、お笑い芸人みやぞん(31才)だ。

 火をつけたのは、レギュラー出演中の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。昨年の夏に初登場するや、出演回を追うごとに視聴率は上昇。一躍人気者となった。

 異国の地で指令される空中ブランコや少林拳、闘牛などの無茶なチャレンジに、いつも初めは「ちょっと無理」と怖気づいてしまう。しかし、いざ始めると野球や格闘技で鍛えた運動神経を武器に臆することなく挑戦。「素直でバカ」な持ち味を生かして(?)計算外のハプニングも起こす。その珍事の数々に、「目が離せない」と話題となっている。

「天才的な能力を発揮するのに、とてつもなく抜けてて、とにかくやることなすこと規格外。みやぞんは耳で聴いた音楽をギターで即興で弾けますが、コードを見ても全然弾けなかったり、高校時代は130kmの球を投げるエースで4番だったのに、部活の体質が合わずアッサリとやめてしまったり。人の良さがにじみ出ている顔もいいんですよね」(テレビ関係者)

 でももっと規格外なのは、みやぞんのファミリー。東京・足立区出身で4人の姉を持つ末っ子だが、実は「近所のお兄ちゃん」と思っていた人が実の父親だったという。

「上2人と3、4番目のお姉さんとは、お父さんが違うそうです。“実はぼく、お母さんと近所のお兄さんの隠し子だったんですよー”と笑いながら番組で明かしていました」(前出・テレビ関係者)

 家族仲は良好。彼がお笑いの世界に入れたのも、劇団に所属していた姉がウド鈴木(47才)を紹介してくれたことがきっかけだった。

 保育園時代からの幼なじみの相方とコンビ『ANZEN漫才』を組み、2009年デビュー。ブレークするまで約6年は、いくつものバイトで食いつないでいたというが、こんな“活動”にも精を出していた。

「その頃は福祉活動にアツくて、発達障害の子供たちと一緒に植木を売ったり、それをサポートする活動に力を入れていました。自治会長のところに出向いて、“子供たちのためにアパートの集会所を使いたい”と直談判してました。みやぞんは建前がなくてすべて本音。めちゃいい奴です」(みやぞんの知人)

 今も実家のアパート暮らしを続けているが、近所ではブレーク前から超有名人だった。

「乗れなくなって放置された自転車がアパートにたまると、みやぞんが友達に頼んで回収してくれてました。自転車の処分はお金もかかりますし大変ですから、みんな助かってね。“あんなにいい青年がいるんだねぇ”と感謝していましたよ」(近隣住民)

 別の住民もみやぞんをこう褒める。

「以前はみやぞんさんの部屋のある5階から、愛犬と一緒にエレベーターを使わず猛ダッシュでドタドタと階段を駆け下りていました。犬に“おーいよしよし、いい子だな”と声をかけていてね。それを聞くと、“あぁ朝が来たな。今日も頑張ろう”と思えていたんだけど、最近は忙しいのかね。あまり聞かなくなってしまって、ちょっと寂しいね」

 4月19日にはCDデビューも果たした。ノリにノッている彼だが、目標売上枚数は本人曰く、「1500枚!」とかなり低め。そんな野心のないところも、みやぞんらしいかも。

※女性セブン2017年5月4日号