伽椰子に相談しよっと…!?『ViVi』8月号が圧倒的に呪われてると話題 / Twitterの声「微妙にかわいい」「ホラーじゃなくなってる」

写真拡大

ただいま、女性向けファッション誌「ViVi」8月号(講談社)がTwitter上で話題になっています。

誌面が圧倒的に呪われている感じがするのだけれど、なんだかポップでキュートだといいます。

Twitterユーザーからは、「微妙にかわいい」や「ホラーじゃなくなってる」などの声があがっています。

【なぜか「ViVi」が呪われる事態に?】

注目を集めているのは、「ViVi」8月号の「たまカジチープリ30Days」という特集ページ。

映画『貞子vs伽椰子』の公開を記念したもののようで、同映画でヒロインを演じる玉城ティナさんと怨霊の伽椰子さん、同じく怨霊の俊雄くんが登場。

「ふたりが大の仲良しだったら?」との設定のもと、プチプラコーデを紹介しています。

【Twitterの声】

これについて、Twitter上では次のような声があがっています。

「なんかわからんが、微妙にかわいいぞ」
「こうゆうの好きw」
「ホラーじゃなくなってる……」
「としおくんまで出てるしw」
「なんやこれアツイな」
「斬新だな(笑)」
「伽椰子さんw」
「なんだこれwww」
「面白すぎ問題wwwww」

プチプラコーデより、「伽椰子に相談しよっと」や「伽椰子とラブトーク」などのセリフが気になるんですけど。なんていうか、伽椰子さんみたいな親友がいたら、ある意味、すごく心強いかもです。詳しくは「ViVi」8月号をチェック♪

参照元:ViVi、Instagram @kayakowithtoshio
画像・執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る