8日、あるTwitterユーザーが、若年層の髪染めによる脱毛リスクについて投稿した。


投稿では、まず「高校生の茶髪・ピアス禁止」がTwitterのトレンドワード入りしたことを指摘している。これは、朝日新聞の投書欄で、ある高校教員が、生徒のピアスや髪染めを容認するかのような持論を展開し、Twitterで大きな話題になったのが発端のようだ。

そんな中、このユーザーは、自身の体験談として「校則を無視して髪の毛を染めていたことを後悔しています」とし、自身が毛染めをしていなければ「こんなに薄毛に悩まなかったかもしれません」と告白している。

さらに、投稿では「薬局で1000円で茶髪にできます」「全国の高校生の皆さん。リアップ1本いくらか知ってますか?」と、価格的にも手軽に入手できてしまうヘアーカラーとは対照的に、市販の発毛剤は高価なものであることをにおわせている。

たしかに、リアップの中でもグレードの高い「リアップX5プラスローション」は、1本60mLでメーカー希望小売価格が7,048円(税抜き)、「リアップジェット」は、1本100mLでメーカー希望小売価格が3,800円(税抜き)と、ヘアーカラーに比べ高価だ。

この投稿は、8日19時の時点で7000件以上のリツイートと、2200件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

【関連記事】
山本太郎参議院議員がブログで「安保ハゲ」ができたと報告
朝日新聞「声」欄の投書が物議醸す 高校教師が校則の押しつけに反対
「とにかく明るい同窓会」の横断幕に反響「彼もハゲましたよ」