7月28日、とあるTwitterユーザーが、警察官の判断に怒りをあらわにする投稿を綴り、話題となっている。

このユーザーは、自身のバイク走行中に熱中症で倒れている高齢男性を見つけ、救護したという。ところがそこに警察官がやってきて、バイクの停車位置を理由に反則キップを切ったというのだ。
このユーザーは、「人命救助とバイクの停車位置どっちが優先なんだよ」と怒りを抑えきれない様子だ。

ユーザーは救護した男性を家まで送り届けたあとで警察署に電話したそうだが、「『違反は違反ですので〜』って言われたから諦めた(笑)」としている。
このユーザーの行動と警察官の判断が反響を呼んだのか、2日の12時の時点で2万1000件以上リツイートされ、8200人以上のユーザーがお気に入りに登録している。

【関連記事】
歩行障害者が警察官より駐車違反の「えん罪」を着せられたと告発
YouTubeに警察官が一時停止線を無視するかのような映像が投稿される
聴覚障害者が警察官とのトラブルをツイートし複雑な心境を吐露