39歳にしてスウェーデン代表に復帰したズラタン・イブラヒモヴィッチ。彼は狩猟も趣味にしているが、10年前のライオン狩りが母国で話題になっているようだ。地元紙『Expressen』によれば、イブラヒモヴィッチは2011年に南アフリカでライオンを殺し、その皮や頭蓋骨、顎骨などをマルメにある自宅に持ち帰ったという。イブラが殺したライオンは1年間ほど檻に入れられた後、観光客の餌食になるために解き放たれたというが、そのような