昨年9月に芸能界入り。仮面ライダーフォーゼの主人公に抜擢された新人俳優の福士蒼汰 (撮影:野原誠治)

1971年に「仮面ライダー」がテレビに登場してから、今年で生誕40周年になる。そして今秋、9月から始まる最新作『仮面ライダーフォーゼ』の制作発表会が30日、都内で行われ、キャストと制作スタッフが一堂に会し、ファンが心待ちにする新ライダーの魅力点をそれぞれアピールした。

制作陣から「今年で生誕40周年となり、記念すべきアニバーサリーイヤー。今までとは違う、かつてないチャレンジを実行した」と熱いメッセージが冒頭で発表された。2011年の最新型は、“高校生”と“宇宙”がキーワードになるそうだ。そして、「この二つ、異なる要素が融合して、どんなものが生まれてくるか、期待してほしい」と冒険心に満ちたアナウンスがあった。仮面ライダーのシリーズにとって初となる“青春学園ドラマ”の設定に興味が集まるところ。主人公の如月玄太郎(きさらぎ げんたろう)は、いまどき珍しいリーゼント頭で、短ラン姿のバットボーイ。転校早々「学園の生徒全員、友達になるぞ」と宣言。ゴキゲンなキャラクターで登場する。その転校した学校で、謎の“スイッチ”と月面基地を持つ同級生・歌星賢吾(うたぼし けんご)と出会う。その二人の出会いが運命となり、宇宙を股にかけるヒーロー『仮面ライダーフォーゼ』が生み出される。

高校生ライダー如月玄太郎(きさらぎ げんたろう)役を演じる福士蒼汰 仮面ライダーフォーゼ 仮面ライダーフォーゼ
写真左:変身ベルト「フォーゼドライバー」を巻いて登場した福士蒼汰

発表会に現れたキャスト陣、その主人公に抜擢にされた福士蒼汰(ふくし そうた、18歳)のほか、高橋龍輝(たかはし りゅうき、18歳)、清水富美加(しみず ふみか、16歳)、坂田梨香子(さかた りかこ、17歳)、冨森ジャスティン(とみもり ジャスティン)、志保(しほ)、土屋シオン(つちや シオン)、虎南有香(こなん ゆか)、お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(たなか たくし)、鶴見辰吾(つるみ しんご)ら合計10名が、壇上に呼ばれた。

物語のキーパーソンとなる、歌星賢吾(うたほし けんご)役の高橋龍輝 同作のヒロイン。主人公の幼なじみで城島ユウキ(じょうじま ゆうき)役の清水富美加 学園のクイーンでチアリーダー。風城美羽(かざしろ みう)役を務める坂田梨香子
左から:高橋龍輝(たかはし りゅうき)、清水富美加(しみず ふみか)、坂田梨香子(さかた りかこ)

主人公の高校生ライダーを演じることになった福士蒼汰。番組プロデューサーから、オーディション時の立ち振る舞いが紹介された。「現役の高校生の彼。『仮面ライダーのシリーズは見たことがなく、ほとんど知りません』と屈託のない笑顔で答えてきて、我々の40年間を否定されたと一瞬思った(笑)。でも、話をしてみると頭もイイ。見た目はもちろん、人間性の部分。今後伸びていくであろう、スケールの大きさを感じたというのが選考理由」と明かされた。

アメフト部キャプテン。大文字隼(だいもんじ しゅん)役の冨森ジャスティン 目の下の黒メイクが印象的なゴスロリ娘。野座間友子(のざま ともこ)役の志保 チャラ男として登場するJK(ジェイク)役の土屋シオン
左から:冨森ジャスティン(とみもり ジャスティン)、志保(しほ)、土屋シオン(つちや シオン)

その福士は、昨年9月に芸能事務所へ所属した新人タレント。昨年春に、とある雑誌の掲載写真を見た事務所の担当者からスカウトされたという。デビュー前に、演技とダンスのレッスンを受けて、俳優の道へ。今年に入って、1月開始のNTV系列・連続ドラマ「美咲ナンバーワン!!」の村野蒼汰役。4月からのTBSドラマ「生まれる。」で、山中裕也役のレギュラー出演。同じ4月のTBSドラマ「シマシマ」真菰修二(通称:マシュ)役のレギュラー出演を果たすなど、若手俳優で急成長を遂げている一人。

弦太朗たちがいる「2年B組」担任教師。園田紗理奈(そのだ さりな)役の虎南有香 いやらしい眼で園田先生を追いかける教師。大杉忠太(おおすぎ ちゅうた)役に、お笑い芸人「アンガールズ」の田中卓志 謎の「赤い目の男」として登場する鶴見辰吾
左から:虎南有香(こなん ゆか)、お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(たなか たくし)、鶴見辰吾(つるみ しんご)

ライダーキックが宇宙で炸裂。宇宙に憧れる高校生たちが活躍する「仮面ライダーフォーゼ」は、9月4日から毎週日曜(午前8時〜8時半)に放送される。■プロフィール
・福士蒼汰(ふくし そうた)
・生年月日/1993年5月30日(18歳)
・サイズ/身長183cm
・血液型/O型
・出身地/東京都
・スポーツ/ダブルダッチ、バスケットボール
・趣味・特技/英会話、ダンス