高校2年時の運動会では扇子を持って“舞”を披露された('18年10月)

写真拡大

愛子さまは今年4月から、学習院大学の文学部日本語日本文学科に進学されることになりました。紫式部の『源氏物語』や太宰治などのオーソドックスな作品はもちろんのこと、日本文化の枠に入るものであれば、映画や漫画についての卒論も可能という自由度の高い学科です。

【写真】うっすら割れかけた腹筋をチラ見せし、激しくダンスされる佳子さま

 学習院以外の大学も候補に挙がっていましたが、同じ大学の同じ学部出身であるお父さまの天皇陛下にも相談されて最終的にお決めになったそうですよ」(皇室担当記者)

 愛子さまは幼稚園から大学まで、ずっと学習院に通われることになる。

「学習院ありきではなく、ライフワークにしたい分野が学習院大学で学べるということで、決められたのだと思っています。在学中は学業優先になりますが、土日や長期休みなど学業に支障のない範囲で公的な場にもお出ましになるでしょうが、成年皇族に向けて、その機会は徐々に多くなっていくでしょう」

 そう話すのは、宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さん。

 学習院大学に進学された皇族は、'13年に入学された秋篠宮家の次女・佳子さまが最後だが“皇族の学校”というイメージはいまだ強い。

「学校やOB会の幹部には元皇族や皇室関係者が何人もいますので、迎える側としても慌てることなく、警備体制も経験があるので改めて整えることは少ないでしょう。“学習院=皇族の通う学校”というイメージは今もありますし、皇族の進学実績がない学校よりも、静かな環境で勉強できるでしょう」(山下さん)

学習院大学で過ごされる学生生活

 愛子さまといえば英語が堪能で、過去には海外の要人が来日した際にご両親と一緒に懇談に参加されたほど。大学では、海外留学制度を利用される可能性も高いだろう。

「夏休みなどの長期休みに、1か月程度の語学研修に参加する『海外短期研修プログラム』は、毎年300名以上の学生が参加しています。一方で、半年もしくは1年間で、学習院と協定を結ぶ海外の提携校に留学し、日本での単位と認められる『協定留学プログラム』もあります。

 協定校の中には、ご両親も留学経験のあるイギリスの『オックスフォード』大学も含まれていますね」(学習院大学関係者)」

 愛子さまはすでに'18年の夏、イギリスの名門『イートン校』に約3週間の短期留学をされたことがあり、このたびの大学生生活では長期留学を検討されていることだろう。

 大学ではもちろん、より一層勉学に励まれるだろうが、どんなサークル活動を視野に入れられているのだろうか。

「お父さまは大学時代に音楽部に所属され、お母さまである雅子さまはアメリカの『ハーバード大学』で日本文化クラブの会長を務められました。このクラブでは、日本伝統の浮世絵や能の紹介、黒澤明監督作品などの日本映画の上映など、日本文化を外国人に紹介するイベントを企画されていたそう」(侍従職関係者)

 愛子さまは小学生のころからチェロを続けていらっしゃるし、英語が堪能なので、音楽部や英語部に所属される可能性は十分ある。

 しかし、前出の宮内庁関係者は「高い運動神経を生かされるのでは」と話す。

愛子さまの憧れの存在

「“ダンスサークル”も視野に入れられていると思います。愛子さまは高校2〜3年と2年連続、文化祭でダンスを披露されています。

 昨年の文化祭で行われた有志数人でのグループ『BLOOM』でのダンスは、観客がいっぱいになって混乱し、ステージの開始時刻が30分ほど遅れてしまうほどの人気ぶりでしたよ。

 愛子さまが洋楽とポップソングの計5曲に合わせて軽快に踊っている最中には、敬宮さまをもじったあだ名である“トシー!”という歓声も上がっていましたね。

 ご両親譲りの高い運動神経をお持ちで、昨年の運動会ではドリブル競走に出場して優勝し、所属する『3年北組』のクラス対抗での優勝にも貢献されたのです」

 ダンスを選ばれる理由として、学習院大学の先輩にあたる佳子さまの存在も大きいと、この宮内庁関係者が続ける。

「学習院には、大学で1番人気と言われるダンスサークル『N』があり、佳子さまが新入生のときに体験入会されたこともあります。そのときは『アディダス』のTシャツをお召しになっていて、先輩から熱心にダンス指導を受けられていました。

 愛子さまにとって佳子さまは、女性皇族の中でいちばん年齢が近く、以前から慕われている存在です。一時期は、佳子さまの髪型と同じ編み込みのヘアスタイルにされたり、赤坂御用地という同じ場所に住まわれていることから、よく“ガールズトーク”をされるなど、佳子さまに憧れを抱かれているようです。

 ダンスがお好きなこともあり、今回の学習院大学の進学にあたって、佳子さまにもいろいろとお話をお聞きになっていると思いますよ」

自由な時間が増える大学生になったら……

 勉学やサークル活動の一方で、実は“ひそかな楽しみ”がおありだそうで──。

「愛子さまは最近、韓流アイドルグループの『EXO』にハマっておられるそうです。

 以前は『嵐』ファンだと報じられたこともありますが“あえて挙げるなら大野智クン推し”くらいのファンだそうで、本命は韓国アイドルのようですよ」(愛子さまの知人)

 '12年にデビューした『EXO』は現在9人グループで、初アルバムから5作連続でミリオンヒットを記録した大人気アイドル。所属事務所の先輩に『東方神起』がいることから、彼らの“弟グループ”とも言われている。

「愛子さまは『EXO』の中でも、メインボーカルを務める『ベクヒョン』が“推しメン”だそうです。

 甘いルックスかつムードメーカーなので、グループ内でも1番人気。愛子さまは、彼の名前が入ったストラップもお持ちなんですよ。

 ただ、これまで『EXO』のコンサートには行けていないようなので、自由な時間が増える大学生になったら“ライブで生ベクヒョンに会いたい”と、楽しみにされていると思います」(同・愛子さまの知人)

 強い期待を抱かれながら、春から愛子さまのキャンパスライフが始まる──。