槇原敬之容疑者

写真拡大

 ◇槇原敬之容疑者 覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕

 槇原容疑者はテレビなどで見せるソフトなイメージとは裏腹に、感情の起伏が激しいことでも知られていた。

 楽曲制作に携わったことのある音楽スタッフは「会議中に怒りだすと机をひっくり返したり、コーヒーの入った紙コップを投げ付けたり。接し方が難しかった」と明かす。音楽へのこだわりが強く、「職人」として妥協を許さない。ゆえに、自分の思い通りにいかないと「こんなんでCDを出せるか!」と声を荒らげることもあったという。

 男性ソロ歌手のアルバム総売上枚数歴代1位。98年度の高額所得番付では推定所得約4億円に上った。希代のヒットメーカーとして重圧を感じ続ける中、心の支えとなったのが愛犬の存在だ。

 無類のフレンチブルドッグ好き。一時、8匹飼っていたうち、ほとんどがフレンチブルドッグ。現在も公式ツイッターの自己紹介欄でイヌ2匹とネコ1匹を飼っていることを明かしている。11年には「犬はアイスが大好きだ」という楽曲を発表。冷蔵庫から持ってきたアイスをイヌたちに分け合う光景を歌った。歌詞に「Dogは逆さまから読むと“GOD”になると気づいたんだ」とつづった。神のような存在である、癒やしを与えてくれるイヌに囲まれていても、心は満たされていなかったのかもしれない。