コンゴで流行中のエボラ出血熱 都市部に拡大で抑制はより困難に

ざっくり言うと

  • コンゴで流行しているエボラ出血熱が、都市部に広がっているとWHOが発表
  • 人口約120万人の市内の、衛生状態が良かった地域の1つで感染例が確認された
  • エボラウイルスの抑制がより困難となる事態が懸念される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング