コンゴ民主共和国のゴマで活動する医療スタッフ(2019年7月31日撮影、資料写真)。(c)PAMELA TULIZO / AFPAFPBB News

エボラが流行するコンゴで医療関係者への襲撃300件以上 患者含め6人が死亡

ざっくり言うと

  • エボラ出血熱が流行するコンゴで医療関係者への襲撃が多数発生している
  • 1月1日から300件以上発生し、医療スタッフや患者ら6人が死亡、70人が負傷
  • 医療関係者が予定地域に入れず、病気との闘いが先延ばしにされているという

ランキング