8.6秒バズーカー

写真拡大

6日放送の「良かれと思って!」(フジテレビ系)で、8.6秒バズーカーの衝撃的な仕事の激減ぶりが明らかとなった。

番組では「芸能人 VS 世間の声」のコーナーに8.6秒バズーカーのふたりが登場。リズムネタ「ラッスンゴレライ」で大ブレイクし、2015年にはテレビ出演100本超えを達成した8.6秒バズーカーだが、翌年2016年にははまやねんの不倫報道などもあって仕事が激減。出演はわずか5本にまで落ち込んだ。

スタジオではふたりに対する世間の声が紹介された。「この先は質素な暮らしを心がけてほしい」「見るからに一発屋芸人でしたね!」といった辛辣な世間の声に苦笑するふたり。司会のバカリズムが「(仕事が)減るとは思ってたじゃないですか。この(ブレイクした)状態が続くと思ってたんですか?」と、厳しい質問を投げかけた。

田中シングルが「落ち着いたとしても、こんなに(冷え込む)とは思ってなかったです」と、答えると、バカリズムは「その減り方はまさに、謹慎並みでしたもんね!」と評し、笑いを誘った。

また、現在の活動について聞かれると、田中は「今は劇場とか営業…。地方に行かせていただいたりとか」と、営業ベースで仕事をこなしていると明かていた。

【関連記事】
テレビから消えたバンビーノ 結婚式営業で「ダンソン」ネタが大ウケ
天国と地獄を味わった藤崎マーケット 「リズムネタは麻薬」と警鐘
坂上忍 はまやねんの不倫疑惑の弁明に怒り「言い訳のつまらなさに苛立ってる」