iPhoneが命を救ってくれるかも? 緊急時に画面ロック中でも役立つメディカルIDとは

写真拡大

iPhoneの標準アプリ「ヘルスケア」は、歩数やウォーキング、ランニングなどの健康データを管理できます。

しかし、これ以外にも、役立つ、頼もしい使い方ができる「メディカル ID」があるのをご存知でしょうか?

「メディカル ID」は、緊急連絡先や持病、かかりつけ医療機関、服用している薬などを登録しておくことができます。
・外出先や旅行先などで体調が悪くなる
・救急搬送されるような緊急事態に陥った場合
こんな時でも、画面ロックを解除することなく医療関係者などに素早く連絡することができるのです。

●メディカルIDの登録方法
使い方は簡単です。
・iPhone標準アプリ「ヘルスケア」を起動する
・「メディカルID作成」をタップする
・「ロック中に表示」をオンにする
・名前や生年月日、血液型、持病やアレルギー、使用中の薬などの伝えたい情報を登録する
・緊急連絡先を登録する

●メディカルIDの表示方法
・画面がロックされている状態で電源ボタンを押す
・画面を右方向にフリック
・Touch IDまたはパスコード入力画面の左下の「緊急」をタップ
・さらに表示される「メディカルID」をタップ
これだけで利用することができます。

もし自分が、なのかの事故や急病で倒れた場合でも、「メディカルID」を設定しておけば、iPhoneで事情や緊急の連絡先などの情報をほかの人に知らせることができるので、ぜひ、使って欲しい機能です。


にゃんこ