米オハイオ州シンシナティで演説するジョー・バイデン前副大統領(2020年10月12日撮影)。(c)JIM WATSON / AFP

写真拡大

【AFP=時事】英科学誌ネイチャー(Nature)は14日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)への「惨たんたる」対応を真っ向から批判し、大統領選の対立候補ジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領を支持すると表明した。

 世界で最も権威のある学術雑誌の一つであるネイチャーは、近現代史において、各科学機関や米司法省、選挙制度そのものといった極めて重要な機関や制度を「これほど執拗(しつよう)に攻撃し、弱体化させた米大統領はいない」とした上で、2015年に締結された地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定(Paris Agreement)」と、イラン核合意から米国を離脱させたとトランプ氏を激しく非難した。

 さらに、トランプ氏による世界保健機関(WHO)攻撃について、「パンデミックの渦中に考えられない行為」と非難し、「トランプ政権が規則と政府、科学、民主主義制度、究極的には事実と真実を無視していることは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への『惨たんたる』対応であけすけになっている」と指摘した。

 先月には米科学雑誌サイエンティフィック・アメリカン(Scientific American)が、トランプ氏は科学を「信じようとしない」として、バイデン氏支持を表明していた。同誌が米大統領選で特定の候補を支持するのは、その175年の歴史で初めて。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
トランプ氏、山火事被災地を視察 「そのうち涼しくなる」と温暖化懸念を否定
米、雪の中に住むクズリの保護撤回 「気候変動の影響なし」
オバマ氏、米政権のウイルス対応非難 温暖化対策の緩和にも警告