リタイアするまでの期間に、自分の年金を増やす方法はないか? 実はそれほど厳しい条件をクリアしなくても、かなり増やすことができる(写真:xiangtao/PIXTA)

コロナショックで収入や将来に不安を感じる人も少なくないでしょう。でも、お金の知識があれば将来への不安は和らぐものです。中でも、年金に関する正しい知識は不安解決に役立ちます。

現役時代の収入や働くスキルは、現役時代はもちろん、リタイア後のお金にも大きく影響します。収入が多いほど、長く働くほど、将来受け取る公的年金が多くなるからですが、それほど厳しい条件をクリアしなくても年金を増やすことができます。60歳で年金アップ対策を始め、70〜100歳までの総受給額を2000万円以上増やすことも可能です。

保険料の「等級」が上がらないと年金額は増えない

具体的に、年金を増やすには3つの方法があります。

1つ目は「収入を上げること」です。会社員や公務員が加入する厚生年金は、給与に応じて保険料が決まっており、上限はあるものの保険料が高いほど将来の年金額は多くなります。

2つ目は「なるべく長く働くこと」です。厚生年金は70歳まで加入することができます。60歳の定年後も働いて加入し続ければ、その分、年金額も多くなります。

そして3つ目は、受給開始の時期を遅らせる「繰り下げ受給」。公的年金の受給開始は原則65歳からですが、それを1カ月遅らせるごとに受給額が0.7%増えます。現在は最長70歳まで繰り下げができ、2022年4月からは75歳までになります。

では、「収入を上げる」と、どれくらい年金が増えるかを見てみます。

厚生年金の保険料は、給与、残業手当、通勤手当などの合計金額を基に計算された「標準報酬月額」により決められます。保険料は標準報酬月額によって31等級に区分されており、等級が上がるほど保険料も上がり、年金額が増える仕組みです。

例えば月収が34万5000円から35万5000円に増えると、等級は21から22に上がり、年金額が増えます。でも33万5000円から34万5000円に上がった場合は、同じ1万円アップでも等級は21のまま変わらず、保険料にも、年金にも影響しません。つまり、月収が上がれば年金が増えるのではなく、等級が上がると年金が増える、というわけです(年金保険料は給与明細に記載されていますので、確認してみましょう)。

下の図は、60歳時点の平均年収によって年金がどれくらい増えるかを示したものです。実際の年金額は「全加入期間の収入」で決まり、物価や賃金の変動に応じて毎年改定も行わるため、正確にどれくらい増えるかを単純に示すことはできませんが、ここでは「60歳時点での平均年収」を基準に年金額の違いを表しています。

例えば60歳時点の平均年収が250万円の場合に比べて、平均年収が400万円なら年金額は31万5700円増える、350万円だったら21万500円増えるということになります。年収によっても異なりますが、平均年収が50万円増えれば10万円強、100万円増えれば20万円強、年金が増えるイメージです。


70歳まで年収200万円で働けば、年10万円以上増える

次に「なるべく長く働くこと」の効果を見てみましょう。今や65歳まで働くのが一般的になっていますが、60歳以降も厚生年金に加入し続ければ、年金が増えます。

増える額は「定年後の年収÷100万円×5500×働く年数」で計算できます。仮に60歳から65歳までの5年間、年収300万円で働くとすると、「300万円÷100万円×5500×5年」で、年8万2500円、年金が増えます。70歳まで働くと、16万5000円です。また60歳以降の年収が200万円の場合は、65歳まで働くと年5万5000円、70歳まで働くと年11万円です。

60歳以降も働くと年金がカットされる、ということを心配する人もいますが、65歳未満では老齢厚生年金と毎月の報酬の合計が28万円以下、65歳以上では同47万円以下なら減額はありません。男性は1961(昭和36)年4月2日以降生まれの人、女性では1966(昭和41)年4月2日以降生まれの人の年金支給は65歳からですから、65歳以下の減額については気にしなくてよさそうです。

長く働くと、資産の取り崩しを抑えられるというメリットもあります。65歳まで年収300万円で働き、支出を300万円に抑えれば、その間、退職金などに手を付けなくてもいいでしょう。66歳から70歳まで年収200万円で働けば、その間、資産の取り崩しは年100万円で済みます。そのように資産の取り崩しをしないで済めば、老後の負担は大きく軽減されます。

65歳以降も働いて収入があれば、年金の受け取り開始時期を遅らせることが可能になります。では、「年金繰り下げ」の効果を見てみましょう。

年金の受給開始は月単位で申請できますが、1カ月繰り下げると年金額は0.7%アップします。1年繰り下げると8.4%、上限の70歳まで繰り下げると42%アップします。65歳から受け取る場合の年金額が10万円とすると、70歳まで繰り下げると14万2000円に増える計算です。増えた額がずっと続くため、長生きするほどお得度が増します。

年金の全額を繰り下げるのが難しい場合は、基礎年金と厚生年金のいずれか一方だけを繰り下げるという方法もあります。また夫婦の場合には、平均的には男性より女性のほうが長生きすることを踏まえ、夫の年金は65歳から受け取り、妻の年金は繰り下げるという選択肢もあります。

「合わせ技」で2000万円以上のアップも可能

図は40歳の会社員が4つの方法を実践し、年金がいくら増えるかを試算したものです。


現在の年収は350万円で、これが60歳まで続くとすると、年金額は150万6500円です。まず年金アップ法,箸靴董40歳からの年収を400万円に増やすケースについて試算すると、年金額は約5万2600円アップ。100歳までの累計では約184万円の増額になります。

次に、年金アップ法△箸靴董60歳までの年収は350万円のまま、65歳まで年収250万円で働くと年金は157万5600円となり、年金額は約6万9100円、100歳までの累計で約242万円のアップです。

年金アップ法は、年収は350万円のまま、60歳でリタイアし、受給開始を70歳までに繰り下げるというものです。70歳からの年金は213万9200円で、年金額は63万円以上アップします。受け取る期間は5年短くなるものの、100歳までの累計では約1898万円も増える計算です。この年金アップ法に加えて、70歳まで年収250万円で働くとすると約82万8800円アップし、100歳までの累計の増額分は2500万円近くになります。

「70歳まで年収250万円で働くのは無理」という場合は、可能な時期まで、可能な範囲で働けばいいでしょう。「70歳まで繰り下げるのはきつい」という場合は、一部を65歳から受け取るなどでもいいでしょう。可能な範囲で働く、受給を遅らせる、ということを考えることが大切であり、そのためには、60歳以降も働ける体力、楽しく働けるスキルを得ておくことが重要です。スキルを得れば現役時代の収入アップも期待でき、年金を増やす効果も大きくできます。