せき止め薬の乱用が10代で急増 背景に多幸感得られるとのネット情報か

ざっくり言うと

  • 市販のせき止め薬や風邪薬などの乱用が、10代の間で急増しているという
  • 2018年に薬物依存などで治療を受けた10代患者の4割以上が乱用していたそう
  • 多幸感が得られるといったネット情報が出ていることが背景にあるとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング