9日、日本の卓球少女の驚きの表情は、中国ネットユーザーの注目も集めている。

写真拡大

2014年4月9日、日本の卓球少女の驚きの表情は、中国ネットユーザーの注目も集めている。

【その他の写真】

卓球のワールドツアー、ドイツオープンの女子ダブルスで、史上最年少優勝を果たした平野美宇伊藤美誠の13歳コンビは、賞金が5000ドル(約51万円)と聞かされると、驚きのあまり2人そろって目を見開き、口を大きく開けた。

この愛らしい表情は世界中に配信され、中国版ツイッターには以下のようなコメントが寄せられている。

「ははは、すごくカワイイ」
萌える〜」
「子どもらしいな」

「福原愛の幼いころを思い出すなあ」
「そんな大金見たことないのだろう」
「私があげたセグウェイを見たときの妹の表情とまったく同じ」

「私がこの子たちくらいのときは、1週間の生活費が1000円もなかったよ」
「私が13歳のときにこの金額をもらったら同じような表情をしていただろう」

「もし中国にいたら政府からの援助が受けられる上に、広告に引っ張りだこだ」
「中国のスポーツ選手は利益ばかり追求する。やはり外国のスポーツ選手の方が純粋だ。2人の日本の名選手を称賛する」(翻訳・編集/北田)