もしかして隠れ乾燥!?インナードライにご用心

写真拡大

肌の表面は脂っぽくてニキビが出来ているのに、肌の奥は乾いてカラカラ。そんな隠れ乾燥肌(インナードライ)は20代~30代にとても多いとされています。どうしても肌トラブルに悩まされてしまいがちなインナードライ、きちんと対策して自分の肌をリニューアルしてみませんか?

■インナードライの原因って?

過剰に紫外線を浴びてしまったり、自分に合っていない洗顔やスキンケアを続けていたり。インナードライの原因はそのような何気ない日常の中に潜んでいます。肌は適切な潤いを保てないと角質層を崩してしまいます。すると、崩れた肌細胞を補修するために新しい肌細胞を作ろうとするのです。

それにより、約4週間が正常とされているターンオーバーのサイクルよりも短いサイクルでターンオーバーされてしまい、まだきちんと出来上がっていない状態の角質層が姿を現してしまうのです。きちんと出来上がっていない状態の角質層は、皮脂のバランスを整える機能がうまく役割を果たしてくれません。それによって肌の奥は乾燥すると共に、バリア機能も低下してニキビも出来やすくなってしまうのです。

■季節を問わないインナードライの恐怖

肌の表面は脂っぽくても、肌の奥はどうにも乾いてしまう。そんなそんな恐ろしい症状は空気が乾燥している冬だけではなく、夏でさえも容赦なく攻めてきます。一見湿気たっぷりで乾燥とは無縁そうな季節、夏。しかしエアコンや紫外線による影響はとてつもないもので、私たちが想像している以上に肌は乾燥しやすくなってしまいます。また、美白のためのマストアイテムである日焼け止めですが、使い方によっては乾燥に拍車をかけてしまいます。

■インナードライ肌のためのスキンケア術3つ

(1)洗顔はたっぷりの泡で優しく

インナードライ肌にハードな洗顔は絶対にNGです。洗顔ネットを使って根気強く泡立て、メレンゲ状になったらその泡で顔を包み込んであげるように優しく洗いましょう。

(2)正しいスキンケアアイテム選びが重要

インナードライ肌を解消するには何よりも保湿が重要。ベトついた皮脂が更に脂っぽくなるから…とスキンケアを怠るのは逆効果です。大切なのは肌に合ったスキンケアアイテム選び。エタノールが入っておらず保水性の高い化粧水を選んだり、油分が少なめのクリームを使ったり、また肌の奥まで成分がしっかり届く美容液を余すことなく使うことも効果的。

(3)日焼け止めはきちんと保湿してから使いましょう

乾燥している状態の肌に日焼け止めを塗ると、乾燥はますます悪化して肌荒れも招きかねません。最初にきちんと保湿した肌に塗ることで、日焼け止めによる肌トラブルにも悩まされず、本来の効果を得られるはず。

インナードライとは決別して、肌の奥からたっぷり潤ったヘルシーな美肌を手に入れたいものですね。

【参考】

vol.9 夏の肌は「インナードライ」正しい保湿で秋のお肌が断然違います。 – muNoage