インドの首都ニューデリーの私立学校「ゴエンカスクール」での算数の授業

写真拡大 (全3枚)

 インド人は数字に強い−。

 インド人を語る際にしばしばついて回る言葉だ。優秀なエンジニアを輩出し、グーグルやマイクロソフトなど世界的なIT企業の幹部にインド人が名を連ねている。「ゼロの概念」を発見するなど、確かに数字や計算と縁が深い歴史を持つインド。理数系が得意とされる評判は本当なのだろうか。(ニューデリー 森浩)

■作り上げられた「幻想」

 「率直にいえば、その指摘は神話だろう」

 いきなり身も蓋もない発言だが、首都ニューデリー近郊のハリヤナ州の教科書選定委員でもある数学教師、スナンディタ・ダスグプタさんはこう断言した。私立学校や公立学校で教鞭(きょうべん)をとった経験があるが、「平均で見ると、インドは日本や米国の後塵を拝しているのではないか」と指摘する。

 インド教育の特色としてしばしば指摘されるのが、九九が「20の段」まで存在するということだ。州ごとに若干の差異はあるが、8歳で、20×20までのかけ算を暗記するカリキュラムがあるという。「ただ習熟度には相当の差があり、できない生徒も多い」とダスグプタさんは話す。

 インドは地域や経済状況によって教育水準の差が激しく、国民全体にあまねく教育が行き渡っている状況ではない。ダスグプタさんは「インド人が『数学や計算に長けている』という幻想は、インドの歴史と先進国に移住した中産階級以上の活躍が作り上げたものだ」と話す。

 「歴史」とは、理数系でのインドの業績だ。ゼロの概念の確立は特に有名で、測量に応用される三角法もインドで発展した。15世紀には南部ケララ州で三角関数に関する研究が進んでいたという。

 こうしたバックグラウンドに、20世紀初頭に活躍したインドの天才数学者ラマヌジャンらの存在が彩りを添え、「数字に強い」というイメージの一端が形成されたというのがダスグプタさんの見解だ。

■世界に羽ばたく人材

 ダスグプタさんがもう1つ指摘した要素「先進国に移住した中産階級以上の活躍」が、大きく寄与したのかもしれない。

 実際、インドの人材は海外で羽ばたいている。やや古いデータだが、インド上院に2008年3月に提出された資料によると、米航空宇宙局(NASA)で勤務する科学者の37%がインド出身ともされる。グーグル最高経営責任者(CEO)のサンダー・ピチャイ氏や、マイクロソフトCEOのサティア・ナデラ氏ら国外で活躍するインド人出身の企業人は多く、理系出身者が中心だ。

 10月には、フリーマーケットアプリ大手「メルカリ」(東京)が32人のインド人を新卒採用したことでも話題となった。

 「世界で活躍する多くの人材を輩出しているのが、インド工科大学(IIT)を頂点とした理系の高等教育だ」と話すのは、ベルール工科大(南部タミルナド州)元理事のアナンド・サムエルさんだ。

 IIT入学は「マサチューセッツ工科大学入学より困難」とも比喩され、入学してからの授業内容も厳しく、学生の自殺が問題化するほど激しい競争が展開される。このあたりのトップ校の学生生活は、日本でも話題となったインド映画「きっと、うまくいく」に描写されている。

 卒業が近づくと、世界中の大企業から担当者が校舎を訪れ、優秀な生徒を採用する。卒業生は年収1万ドル(約1130万円)を軽く超える初任給で就職していく。サムエルさんは「厳しい競争を勝ち抜いた一部のエリートの活躍が、インド人は数字に強いというイメージを作り上げているのだろう」と話す。

■閉鎖相次ぐ理系大学

 IT産業は近年登場した職種なため職業選択の自由をはばむカースト制度の縛りを受けず、インドの低カースト層が続々と就職している−との指摘もある。

 だがインドの教育関係者は異口同音に「IT企業に進む人は圧倒的に高位カーストが多い」と話す。高位カーストほどハイレベルの教育を受けられる環境にあるためだ。やはり優秀なエリート層が、理数系に強いというイメージを作っているといえそうだ。

 ただ、サムエルさんが危惧するのはインドにおける理系学部の人気低下だ。IITに代表される一握りのトップ校に比べ、中位以下は振るわない。年間7%の経済成長を誇るインドだが、国内では技術者の就職が伸び悩んでいるためだ。

 就職難の原因としては、急速に大学数が増えたことによるエンジニアの供給過多が挙げられる。そこに米トランプ政権が専門職外国人向けビザ(査証)の発行を抑制したことで、米国への就職が厳しくなったことも追い打ちを掛けた。17年は理工系大学を卒業した学生のうち、10人に4人しか就職口がないのが実態だ。

 インド政府は3345ある理工系の大学や学部の数を800程度削減したい意向を表明している。サムエルさんは「IITへの入学希望者は多いが、全体として理系が隆盛というわけでは決してない。このままでは理系大国という評判と実態がますます乖離(かいり)していくだろう」と懸念している。