「アンデルセン賞」を相次ぎ受賞 日本の児童文学に高まる評価

ざっくり言うと

  • 日本の児童書に、国内外から熱い視線が注がれている
  • 「児童文学のノーベル賞」といわれる、国際アンデルセン賞を5年で2人が受賞
  • 出版不況と少子化にさらされながら日本作品の存在感が国際的に向上している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング