9月17日放送の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系列)にて、お笑い芸人の有吉弘行が、大相撲の現状についてこんな話をしていた。

「大相撲がね、大変なことになってまして。3横綱がお休みしてまして。大関もね、けっこうね。高安さんとか、照ノ富士さんも休場になって。宇良関も怪我でお休みになったりして。上位陣がほとんど休んで」

 有力な力士がこぞって休場している状況を憂いているのだ。

「本当は、日馬富士関も休みたいと思ってますよ。『これは調子悪いな』ってことで。そしたら、横綱不在ですよ。大関もあんまりいないような状況で。困ったね、相撲界。これからどうしていくかだね」

 さらに、現在の相撲界には根本的な問題があると持論を展開。

「公傷制度(かつて大相撲に存在した、本場所におけるケガでの休場は、通常の休場とは扱わないという制度)を復活させるとかね。巡業と本場所が詰まり過ぎてて、やっぱり体を休める時間がないっていうのが、一つ大きな問題だと思うんですよね」

 現在の制度を肯定する意見についても、「若手がフィーチャーされればいいって言うけど、それは同じことの繰り返しですよ。注目の若手、宇良君だって、こうやって怪我して休んでますから」と反論。

 有吉が「本当は休みたいはず」と擁護した日馬富士も、すでに4敗を喫している。

 3日目には、幕内力士のうち7人が同時休場となり、公傷制度が廃止されて以降では最多タイの人数に達している。ケガ人の多い現状に、有吉と同じことを考える相撲ファンも多い。はたして、相撲界はどのような対応をするのか。