メキシコの首都に直径10メートルの陥没穴 熱帯暴風雨の影響で

ざっくり言うと

  • メキシコの首都で8月31日、直径10メートル、深さ7メートルほどの穴が開いた
  • 陥没穴は熱帯暴風雨「リディア」の影響によるもの
  • 現場は大勢の観光客が訪れる、レフォルマ通りの目と鼻の先という

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング