12日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、お笑い芸人たんぽぽ川村エミコが、会社社長との破局を語った。

番組では「たんぽぽ川村 会社社長と大失恋」と題し、スタジオゲストの川村が自身の破局を語った。川村は昨年12月に、当時交際していた会社社長と破局している。

司会・久本雅美が「何で別れたの?」と直球質問。川村いわく、猫背の注意をされることや「お前ヒザでかくね?」などと外見の指摘を受けることが多かったそうで「身体的問題」があったと評す。また「ブスから会いたいって言えなくて3ヶ月ぐらい会ってなかった」と、自身も交際に引け目を感じていたことを明かした。

その後仕事に関する連絡をした際、相手からの返信が異様に早かったことで「これはもうヤバい、もう終わりなんだ」と察知。会った際に別れることになったという。

川村は「結婚を夢見る37歳が夢破れたとき、ブラックホールに落ちたみたいに落ち込みました」と破局したときの心境を語る。久本も「そのブラックホール、深いよ…」と投げかける。

破局のショックから「わけわかんなくなっ」たという川村。「ZIP!」(同)のプレゼント企画「ZIP!deポン!」の様子を視聴していただけで、目から涙があふれてきたこともあったという。久本は「重症だなぁ!」と同情。川村自身も「イっちゃってますねちょっと、どうしましょう…」とつぶやいていた。

【関連記事】
たんぽぽ・川村エミコ 交際時の謎ルール明かしスタジオ騒然
たんぽぽの川村エミコが恋愛観で名言「ブスだからこそ前に行かないと」
たんぽぽ・川村エミコ シンクロの練習中に涙が止まらなくなる事態