iPhone SE』が発売されてから1年以上が経ちました。来年には新モデルが登場するのではないかとの噂もありましたが、ここにきて新たな噂が出ています。

4インチ画面の新型iPhone SEは発売されない

アナリストのPan Jiutang氏によれば、販売中のiPhone SEは4インチ画面を搭載した最後のiPhoneになり、同サイズの新モデルは発売されません。

iPhone SEは『iPhone 5s』と同じデザイン・サイズですが、プロセッサは『iPhone 6s』と同等。日本でもApple Payの一部機能が使えます。

2016年3月に発表され、2017年3月に価格は据え置きで容量を倍増。新モデルの噂は5月にありましたが、それ以降は途絶えています。

iPhone 8の技術を取り入れたモデルを投入か

『Phone Arena』は、iPhone 8が本体サイズを抑えながら画面を大型化することから、今後数年でこの技術が他のiPhoneにも応用されるだろう、と指摘。小型ながら大画面を搭載できるようになれば、iPhone SEの需要はなくなると予想しています。

安価なiPhoneの需要については、現在の『iPhone 7』とiPhone 6sのように、発売から1年以上が経過したモデルを値下げして販売する形で対応する、とも考えられます。

それまでの間は『iPad mini 4』のように、iPhone SEが販売され続けるかもしれません。

参考

Did you love the iPhone SE? Well, sorry, it won’t be refreshed, analyst says - Phone Arena