渡辺直美

写真拡大

14日放送の「A-Studio」(TBS系)で、渡辺直美が、自身の母親が平成ノブシコブシ・吉村崇に色目を使っていたことを明かした。

番組では、スタジオゲストに渡辺が登場し、司会の笑福亭鶴瓶とトークを繰り広げていた。鶴瓶は、事前に吉村を取材しており、その際に渡辺の母親の逸話を聞いたそうだ。なんでも吉村によると、渡辺のライブで母親に対面したとき、チャイナドレスのスリットからのぞく脚をアピールされたそうだ。

鶴瓶が「男を感じてるんやろな」とコメントすると、渡辺も「恥ずかしい」と笑う。渡辺によれば母親は厳しい人だというが、娘の地元凱旋ライブで嬉しさのあまりチャイナドレスを着てきたとか。

そのとき母親は、いざ吉村と対面すると、渡辺が見たことのない顔で「いつもお世話になってますぅ〜」と色目を使っていたという。渡辺は「見てらんなかったですね」と苦笑していた。

【関連記事】
渡辺直美 自身の恥ずかしい秘密を告白「ワキ毛を生やしている」
渡辺直美 豪快な母親と生活した過去「パチンコで生計を立てていた」
渡辺直美 米国の危険地帯で受けた助言「危険地区では自分もヤバイ奴のふり」