スマホユーザー共通の悩みと言っていいのがバッテリーの持ち時間。こまめに充電したり、モバイルバッテリーを携行したり……といった対策も有効ですが、そもそもバッテリーを消費しやすい設定のまま使っていませんか?

 今回は利用者の多いiPhoneを例に、初期設定からなるべく変更しておきたい、バッテリーを長持ちさせるための7つのワザを紹介します。設定を変更することによるデメリットも併せて紹介していますので、不用意な設定変更で快適な利用に支障をきたさないよう、気をつけて行ってください。

(1)「明るさの自動調節」をオフにする


「設定」→「画面表示と明るさ」から、「明るさの自動調節」をオフにします

 バッテリー消費の多くの要因を占めるのがディスプレイ。初期設定では有効になっている自動調整をオフにし、画面の明るさを下げるのは、バッテリーの消費を抑えるのに非常に効果があります。

 ただし直射日光の下でiPhoneを使う機会が多い人は、見づらくなるのを避けるために、設定を変えないほうがよいかもしれません。

(2) 画面の自動ロックまでの時間を短くする


「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」で「30秒」を選択します

 こちらも画面の点灯時間を少なくしてバッテリーの消費を抑えるワザです。自動ロックまでの時間を30秒や1分といった短い時間に変更しておけば、画面がこまめに消灯でき、結果としてバッテリーの消費を減らせます。

 ただしそのぶんロック解除の回数が増えますので、しばらく使ってみて煩雑に感じるようなら、長めの間隔に戻したほうがよいでしょう。

(3) 外出先でWi-Fiの自動検索をオフにする


iPhoneの画面を下からスワイプすると表示される「コントロールセンター」で、Wi-Fiアイコンをタップしてオフに(「設定」→「Wi-Fi」をオフでも可)。自宅などWi-Fi圏内に入ったら戻すのを忘れないで

 LTEとWi-Fiでは、LTEのほうが一般的にバッテリーを多く消費しますので、なるべくWi-Fiを使うのがバッテリーを長持ちさせるコツです。

 しかしこれは、確実に使えるアクセスポイントが身近にある場合の話。Wi-Fiがオンのまま電車や徒歩で移動すると、利用できるWi-Fiがないか常時検索が行われるため、バッテリーを過剰に消費します。外出時はWi-Fiを手動でオフにするのがベターです。

(4) バックグラウンド更新を最小限にする


「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」を開き、バックグラウンドで更新しなくてよいと判断したアプリをオフにします
 

 アプリのバックグラウンド更新はなにかとバッテリーを消耗しがちです。もっとも、あらゆるアプリのバックグラウンド更新を一律でオフにすると、快適な利用に影響をきたしかねません。

 「設定」→「バッテリー」を開くとバッテリーの使用状況が多いアプリを確認できますので、それらの上位にあるアプリの中から、影響が少ないアプリだけをバックグラウンド更新の対象から外すようにしましょう。

(5)アプリからの通知をロック画面に表示しない


「設定」→「通知」でアプリの一覧を表示し、ロック画面に通知を表示する必要がないアプリを開いて「ロック画面に表示」をオフに。また通知そのものが不要なアプリはこの機会にオフにするとよいでしょう

 アプリからの通知で「ロック画面に表示」がオンになっていると、ロック中にひんぱんに通知が表示され、そのたびに数秒ほど画面が点灯するため、バッテリーを消費します。そのため不要なアプリについては「ロック画面に表示」をオフにしておきましょう。もちろん、通知そのものが不要なアプリはこの機会にオフにすることをおすすめします。

(6) 視差効果を減らす 


「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「視差効果を減らす」で設定をオンに。通常とは逆に、セレクタをオンにすることで機能がオフになりますので、間違えないようにしましょう

 iPhoneを傾けると壁紙がそれに併せて動くなど、画面に奥行きを与えるエフェクトは「視差効果」と呼ばれます。

 動きとしては面白いのですが、バッテリーの消費を防ぐためにも、無効にしておいたほうがよいでしょう。

(7) 使っていない標準機能をオフにする


AirDropは、iPhoneの画面を下からスワイプすることで表示される「コントロールセンター」で、「AirDrop」をタップして「受信しない」に切り替えます

 iOSの標準機能のうち、使っていないものをオフにすれば、バッテリーの消費を抑えられます。

「Bluetooth」をオフにすると位置情報が若干不正確になりますが、オフにすればそのぶんバッテリーの消費を抑えられます。

 また初期設定の状態ではつねにスタンバイ状態にある音声アシスタント機能の「Siri」や、ファイル交換機能の「AirDrop」は、必要でなければオフにしてしまいましょう。

(山口 真弘)