入学式に出席した芦田愛菜

写真拡大

「〇組、芦田愛菜!」「ハイッ」。4月8日の昼下がり、都内名門私大のキャンパスのホールで行われていた付属中学の入学式。新入生の名前が一人ひとり読み上げられ、芦田愛菜ちゃん(12才)が一際よく通る声で返事をして立ち上がった。着慣れないグレーのブレザーに膝丈のプリーツスカート、真っ白なハイソックスが初々しく映る。

「保護者はホール隣の教室で中継映像で式を見ていたんですが、どよめきが起きました。愛菜ちゃんが超難関の私立中にいくつか合格したという話は有名でしたが、まさかウチの子と同じだとは。この学校は普段は私服登校が認められているので、制服姿が見られるのは式典があるときだけなんです。とても似合っていてかわいかったです」(式に出席した保護者の1人)

 小さい頃から読書家で知られ、楽屋でもコツコツと勉強していた愛菜ちゃん。中学受験の勉強に真剣に取り組み始めたのは小学6年生の夏頃だった。

「大手の塾で、偏差値70ともいわれる最難関校・女子学院中学校を受験するための専門のコースを受講していました。夏休みは丸一日カンヅメになる10日間合宿に参加。見事合格したんです。それにしても東大合格者を多数輩出する名門校に1年足らずの勉強で受かるんですから、天才としかいえません。他にも同じレベルの中学を2、3校受けてすべて合格したようです」(芦田家を知る関係者)

 第一志望は女子学院かと思われたが、愛菜ちゃんが選んだのは冒頭の別の名門私立中学だった。

「女子学院は校則がないことで有名ですが、芸能活動だけは禁止なんです。それも覚悟していたようですが、6年間テレビに出られないのも…。周囲の期待もあって、芸能活動がある程度認められる私大付属中学校への入学を決めたそうです」(芸能関係者)

 入学式に姿を見せた天才子役に驚きを隠せない保護者たちだったが、もう1人、注目を集める有名人がいた。

「保護者席に、安田顕さん(43才)がいたんです。目立たないようにされていたようですが、話題の俳優さんですし、つい目がいってしまいました。お嬢さんが入学されたようでした」(別の保護者)

『下町ロケット』(2015年、TBS系)や『嘘の戦争』(2017年、フジテレビ系)など話題のドラマに立て続けに出演する安田はシリアスな役柄から女装好きのゲイまで、幅広い役にハマることから “カメレオン俳優”と評価が高い。

  私生活では2002年に学生時代から交際していた女性と結婚、2004年には長女が誕生し出身地の北海道で暮らしてきた。

「最近は東京での仕事が増えて、妻子を北海道に残しての単身赴任生活だったんです。安田さんは娘さんを超溺愛していて、携帯の待ち受け画面はもちろん娘さんだし、多忙な中でも時間を見つけては北海道へ帰っていました。東京の中学校に進学すればパパと一緒に暮らせるからと、娘さんも受験勉強を頑張ったんでしょう。入学式もどうしても出席したかったんだと思いますよ」(別の芸能関係者)

 ちなみに、愛菜ちゃんと安田は2012年のドラマ『ビューティフルレイン』(フジテレビ系)で共演。若年性アルツハイマーに苦しむ、愛菜ちゃんの父親(豊川悦司)の主治医役を安田が好演していた。愛菜ちゃんもまさか「同級生のパパが共演者」とは思いもよらなかったに違いない。

※女性セブン2017年4月27日号