マツコ・デラックス 「NHK紅白歌合戦」に対する批判に反論

写真拡大

27日放送の「有吉&マツコの怒り新党」(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスが、「NHK紅白歌合戦」(NHK)に持論を展開した。

番組で、有吉弘行が、歳を重ねて「昔ながらの風習」を好きになってきたことを話題にあげた。その流れで、有吉は「やっと最近、紅白(NHK紅白歌合戦)が、だいぶ(心に)染みてくるようになった」と、以前より同番組に関心が出てきたことを明かしたのだ。

すると、マツコは嬉しそうに「言ってやって、あなたが言うと流れ変わるから」といい、「NHK紅白歌合戦」に何か言いたげなようすをみせる。マツコによると、最近は同番組の一部出演者を指して「ヒット曲がない人が出るな」と批判の声が出てきているという。

しかしマツコは「そういうのじゃない」「それとはまたちょっと違うのよ」と、そうした声に反論する。有吉が「(NHK紅白歌合戦は)また独特の味があるんでしょ」と指摘すると、マツコは「そうなのよ」と同意し、「まだ北島三郎さんが引退したことで落ち着かない」「寂しいのよ」と表現した。

マツコは「ぜひNHKには、そのへん割りきってほしい」と願望を語る。有吉が「独自でいいんだね」と確認すると、マツコは「そう! 世の中に迎合しようみたいなことはしないでほしい」「泣ければいいの」と主張していた。

【関連記事】
岡本夏生が「NHK紅白歌合戦」を厳しく非難「予定調和の紅白だった」
上沼恵美子が紅白歌合戦の司会打診でNHKから圧力を受けたことを告白
勝谷誠彦氏 NHK紅白歌合戦をバッサリ「滅びつつある長期低落番組」