23日、日本テレビが公開していた動画「セクシー☆ラグビールール」が、批判を受け削除される事態となった。

日本テレビは、9月18日に開幕する「ラグビーワールドカップイングランド2015」で地上波独占放送する予定だ。「セクシー☆ラグビールール」はラグビー初心者のために制作した動画で、20日に第1弾として「基礎知識編」「プレー編」の2本が同局のサイト上で公開されていた。

動画には、同局の番組「次世代アイドル発掘バラエティー『人気者になろう!』」に出演しているグラビアアイドルらが出演。彼女らは露出度が高い衣装でラグビーのプレーを実演し、ルールやプレーの基礎を伝えていた。動画内では、彼女らの胸の揺れに不自然にカメラがフォーカスする場面もあった。

この動画には元ラグビーW杯日本代表の平尾剛氏がTwitterで反応し、その内容に「目が点に」なったとして憤りを語っていた 。
さらに平尾氏は、日本ラグビーフットボール協会の許可の有無を不明としながら、すぐに協会側が動画の削除を要請するべきだと訴えている。

平尾氏はその上で、自身のように感じたユーザーに「声をあげていただきたい」と呼びかけていた。
こうした働きかけのかいがあってか、23日18時現在、日本テレビのサイト上では該当の動画が閲覧できなくなっている。平尾氏は動画の削除を確認した上で、声を上げた人々に感謝を述べるとともに、今回の騒動をきっかけに「難解なルールの説明を含めてラグビーの認知を高めるために、もっと努力していきます」と誓っている。
【関連記事】
フジテレビ 桜島からの中継でリポーターの爆笑が映るハプニング
NHKの「LIFE」が「報道ステーション」の騒動をパロディか?
フジテレビの強引な取材を受けた一般女性が怒りと無念のツイートを連投