小保方晴子氏、理化学研究所の「中間報告結果」で絶体絶命のピンチに

ざっくり言うと

  • 27日の理研の中間報告で、STAP現象が確認できていないと明かされた
  • 検証実験は4月に始まったが、4か月間の成果は皆無だった
  • 11月末まで參加する小保方氏が行っている実験内容や成果は、明かされず

ランキング