(21日、日本シリーズ第1戦ソフトバンク5―1巨人)6回4失点で負け投手。これがレギュラーシーズンなら、悲観する必要はない。だが、巨人の菅野智之が託されたのは、短期決戦の第1戦。あまりにも痛すぎる敗戦だ。二回、先頭のグラシアルに内角の厳しい球を右前にはじき返された。続く栗原には、2ボールからのスライダーを完璧に捉えられて2ラン。ベルトの高さへの不用意な球だった。マウンド上では表情を変えなかったが、その