[オタワ7日ロイター] - カナダ最大野党、保守党のアンドルー・シーア党首は7日行われた討論会で、与党・自由党を率いるトルドー首相を「ペテン師」などと激しく攻撃し、21日の総選挙で勝利して政権を維持するべきではないと訴えた。トルドー氏は教師時代に余興で複数回、顔を黒や茶色に塗る化粧を施していたことが発覚。人種差別的行為だと非難され、繰り返し陳謝する事態になった。シーア氏は、トルドー氏が当初、こう