マシュー・フォックス,エヴァンジェリン・リリー

写真拡大

今から10年前の2004年に放送がスタートした『LOST』は、過去の経緯をフラッシュバックで描くドラマの先駆けとなったシリーズだ。謎が謎をよぶ、先の読めないミステリアスな展開に、世界中の視聴者たちが釘づけにさせられた。

【関連記事】俳優たちと作品の命運を握る、重要なポジション。キャスティング・ディレクターという「仕事」

そんな爆発的な人気を誇った『LOST』のキャストたちは、番組終了後、どうしているのだろうか? 今回は、レギュラーキャスト24人のその後の活動状況を米TV Fanaticの記事をもとに4回に分けてご紹介しよう。

まずは、ドラマだけでなく映画界へとシフトチェンジしていった俳優たちをピックアップ。元々映画界からドラマ界にやってきたドミニク・モナハンのような俳優もいるが、やはりドラマと映画、フィールドは広げた方がいろいろな役ができるということだろうか。マシュー・フォックスなどは『LOST』で10年以上同じ役を演じてきただけに、違う役を演じたいという欲求が強いのかもしれない。

【その1】映画界へ照準をあわせ、活躍している俳優たち

■マシュー・フォックス(ジャック役)
『LOST』で6シーズンにわたって主役を務めたマシュー。番組終了後は活躍の場を映画界へ移したが、残念ながら『LOST』ほどの成功には恵まれていない。現在は、2015年に公開される映画『Bone Tomahawk(原題)』に、カート・ラッセル(『バニラ・スカイ』)やリチャード・ジェンキンス(『扉をたたく人』)らと出演することが決まっているので、今度こそ映画界でブレイクするか見守りたい。

■エヴァンジェリン・リリー(ケイト役)
エヴァンジェリンも『LOST』終了後は映画界へ軸足を移し、2013年公開の『ホビット 竜に奪われた王国』にタウリエル役で出演。今年12月に公開される『ホビット 決戦のゆくえ』でも同役を務める。さらに、マーベル・コミックに登場する"アントマン"を実写化する映画『Ant-Man(原題)』(2015年公開予定)に主演することも決まっており、好調な活躍ぶりを見せている。

■ミシェル・ロドリゲス(アナ・ルシア役)
ミシェルも後部座席の生存者の一人として『LOST』に出演し、シーズン2&3でさまざまなドラマを巻き起こした。その後は、映画『ワイルド・スピード』に引き続き、続編『ワイルド・スピード MAX』『ワイルド・スピード EURO MISSION』でヴィン・ディーゼル演じるドミニクの恋人レティ役を演じた。そのほか、『アバター』や『マチェーテ』『マチェーテ・キルズ』などの映画に出演している。

■ドミニク・モナハン(チャーリー役)
映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作でメリー役を演じてブレイクしたドミニク。『LOST』にシーズン4までレギュラー出演した後も、『フラッシュフォワード』や『Goodnight Burbank』(日本未放送)、映画『ソルジャーズ・アイランド』などに出演。ドキュメンタリー番組『Wild Things with Dominic Monaghan』(日本未放送)と、日本でAXNにて放送された映画『ミリオネア・ツアー』では、主演と製作総指揮を務めている。

■マギー・グレイス(シャノン役)
現在は映画界に軸足を移して活躍しているマギー。『LOST』のレギュラー出演終了後に、映画『96時間』『96時間/リベンジ』でリーアム・ニーソンの娘役を演じて注目を集めた。TV界では『カリフォルニケーション』シーズン6にフェイス役で準レギュラーを務め、相変わらずの若さと美ぼうを披露している。

■アドウェール・アキノエ=アグバエ(ミスター・エコー役)
『LOST』では後部座席の生存者の一人として、シーズン2&3に出演したアドウェール。映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』や今年公開された『ポンペイ』に出演しており、『LOST』以降もTV界と映画界の両方で活躍中だ。

【その2】は明日またお伝えしよう。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『LOST』ドミニク・モナハン、「マシュー・フォックスは女性に暴力をふるう男」と発言『LOST』のエヴァンジェリン・リリーが妊娠!いつの間にそんなに大きなお腹に......?ザック・エフロンとミシェル・ロドリゲス、ひと夏の恋に終止符を打つ!