42歳の町長らが医療従事者向けのコロナワクチン接種「廃棄しないため」

ざっくり言うと

  • 茨城・城里町の42歳の町長らが、コロナのワクチンを接種していたと分かった
  • 医療従事者が対象のワクチン接種で、キャンセルが出たためとしている
  • 町長は「廃棄しないために打ったもの」「後ろめたさはありません」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x