河野太郎国家公務員制度担当相は12日の記者会見で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令下、中央省庁で「出勤7割減」を実現するためテレワークをしたり休暇を取ったりしていると偽って出勤する職員がいれば、本人と上司を処分する考えを示した。

 「つじつまを合わせるために有給休暇を取って登庁するようなことがないよう、内閣人事局から各省に指示を出したい」と語った。