事前予測が難しい線状降水帯 規模が小さいものは現れて初めて把握

ざっくり言うと

  • 積乱雲が次々と発生して帯状に連なってできる「線状降水帯」
  • 気象現象としては「規模が小さく、幅が狭い」そうで、予測が難しいという
  • 現れてから初めて把握できるもので、「いつまで続くか」も分かりづらいそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x