エクアドル戦で日本の攻撃を牽引した久保(C)REUTERS/AFLO

写真拡大

コパ・アメリカ/グループリーグ第3戦]日本 1-1 エクアドル/6月25日/ミネイロン
 
 ドローに終わったエクアドル戦で輝きを放ったのが、セカンドトップに入った久保建英だ。
 
 第1節のチリ戦以来の先発となった18歳のレフティーは、相手守備網のギャップを突いてボールを受け、そこからのドリブルやスルーパスで存在感。日本の攻撃を引っ張った。
 
 この日の活躍は数字にも表われていた。『Opta』によれば久保はエクアドル戦で、3本のシュートと7本のラストパスを記録。その合計値である「シュート関与数」は10回と両チームを通じてトップだった。
 
 さらにこの数字は、グループステージを終えたコパ・アメリカ2019の中でも3番目の記録だという。
 
【コパ・アメリカ2019『1試合シュート関与数』ランキング】
13回:ルイス・スアレス(ウルグアイ対日本)
11回:ハメス・ロドリゲス(コロンビア対カタール)
10回:久保建英(日本対エクアドル)
9回:フィリッペ・コウチーニョ(ブラジル対ボリビア)、セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン対カタール)、エディンソン・カバーニ(ウルグアイ対日本)
※グループステージ終了時点
 
 久保がこれだけの活躍を見せただけに、日本としてはあと1点が奪えず決勝トーナメント進出を逃したのがなおさら悔やまれる。ただ、日本が誇る至宝がエクアドル戦で才能の片鱗を見せていたことは間違いない。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部