7月10日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は準決勝を行い、ベルギーはフランスに0ー1で敗戦して初の決勝進出を逃した。写真中央はベルギーのロベルト・マルティネス監督(写真:Michael Dalder/ロイター)

ロシアワールドカップで躍進したベルギー代表。日本代表と激闘を繰り広げたこともあり、ベルギーのサッカーを画面越しに体感した方も多いだろう。

そのベルギーのプロリーグであるJupiler Pro League(ジュピラー・プロ・リーグ)でプレーする日本人選手が急増している。ちなみにJupilerとはベルギー国内で最も人気のあるビールでベルギーサッカー1部リーグ、オランダサッカー2部リーグの冠スポンサーになっている。

日本人選手が増えている理由と、ベルギー代表の強さの理由を知るために現地に渡った。

まずはベルギーリーグの概要だ。

ベルギー1部リーグは16クラブがホーム&アウェー方式で30試合のリーグ戦を戦う。リーグ戦終了後に1〜6位のチームは「プレーオフ1」に進出、リーグ戦7〜15位のチームは2部リーグの上位3チームを加えて「プレーオフ2」に進出する。

「プレーオフ1」で優勝すればUEFAチャンピオンズリーグ本選出場、2位になれば同大会の3次予選出場と欧州の頂を目指せる大会に進出できる。

また、外国人枠がない点も特筆すべきルールだ(ただし、すべての公式戦において最低6人のベルギー国内で育成された選手の登録が必要)。

スペイン代表のアンドレス・イニエスタ選手がJ1・ヴィッセル神戸に移籍が決まった際、背番号変更の話とともに「Jリーグも外国人枠を撤廃しよう」という意見が出たことは記憶に新しい。

DMMがベルギーのサッカーチームを買収した理由

リーグのルールがわかったので、まずはシント=トロイデンという街へ。

ゲームや動画配信などを手掛けるDMM.com(以下、DMM)が昨年の11月にベルギー1部リーグのシント=トロイデンVVというチームの経営権を取得した。


取材に応じたCOOの村中悠介氏(写真:STVV NV)

数ある国の中でベルギーに目を向けた理由をシント=トロイデンVVの会長でDMMのCOOを務める村中悠介氏は3つの理由を述べた。

「ヽ姐饋溶箸なく日本の良い若い選手(人材)がチャレンジできる。⊆辺国へのアクセスが良く、バス移動もできてコンパクトな経営ができる。8用語がフランス語、オランダ語、ドイツ語と3つあるがほとんどの方に英語が通じる」

,亮磴て本人がチャレンジできる点だが、年代別の日本代表で活躍してきた冨安健洋選手が2018年初頭にアビスパ福岡からシント=トロイデンVVへ移籍し、5月に移籍後初出場を果たした。

冨安選手を獲得した理由を元FC東京のGMで現在はシント=トロイデンVVのCEOを務める立石敬之氏はこう語った。


シント=トロイデンVVでCEOを務める立石敬之氏(筆者撮影)

「1つは東京オリンピック世代で中心になれる、率直に選手のクオリティや将来性です。

それとセンターバックというポジションが日本代表のウィークポイントのひとつでしょうから、吉田麻也や昌子源や植田直通が出てきていますけど、その次の世代を考えると彼を鍛えないと、日本のサッカーの未来はけっこう難しくなってくるだろうと。

そういう意味では世界で通用するセンターバックを早いうちに育てていくということが大事ではないかと考えています」

同様にベルギーは若手の育成を非常に重要視しているようだ。


2018年5月にシント=トロイデンVVに移籍後初出場を果たした冨安健洋(筆者撮影)

「ベルギーに来ていちばん感じているのは、国家ぐるみでサッカーやサッカー以外にも若い人材を育てようとしている点です。

国が小さいですし、おそらく資源も限られているので、若い人材を育てて海外で働かせていくという感覚が強いのかもしれませんね。

それに対して特別なルールというのはたくさんあります。たとえば25歳以下の選手をある一定以上の割合で所属させていると、チームに還付金が返ってくるような若手の活躍の場を広げるルールがあります」

サポートするトレーナーが欧州で活躍する場を提供

選手以外にもセラピスト(日本でいうトレーナー)として元FC東京の栗林史浩氏が加入している。選手の活躍の場をつくることのほかに、セラピストなどの選手をサポートする方々の活躍の場をヨーロッパにつくることは、日本サッカーの強化のためにも必要なことだろう。

立石は栗林に期待していることをこう話した。

「今のトレーナー・メディカルの体制・ドクターの方針など、日本と何が違うのかをよく見ておいてくれよという話はしています。彼が経験する実際のピッチの中でのことや、クラブハウスの中での医療行為や、やり取り、それからトレーナーから見た現場のやり方の違いなど、そういったものを日本サッカーに持ち帰った時に成長する何かの材料になると思います。


セラピストの栗林史浩氏(筆者撮影)

彼らが何を感じて、このクラブを研究材料として、彼らの中に落とし込んでいけるかという部分ですから、日本に帰った時に違いを伝えていってほしい。

もちろん日本が優れているところもたくさんありますが、中にはこちらが優れているところもたくさんあります。しっかり吸収していってほしいです」

今回のワールドカップでのベルギー代表メンバー23人を見てみると、国内リーグに所属しているメンバーはDFレアンデル・デンドンケル(アンデルレヒト)1人のみだ。

国内リーグ所属の選手が1人しかいないベルギー代表はなぜ強いのか?

その秘訣をアンデルレヒトの背番号10を背負い昨季は15得点13アシストと活躍した森岡亮太に聞いた。


アンデルレヒトの森岡亮太(筆者撮影)

「それが理由ですよ。(ベルギーから)海外のリーグへステップアップしていっているじゃないですか。みんなベルギーでやってから海外のビッククラブへ。

その流れがしっかりしているので、そういう選手が出やすいと思いますし、実際にこれだけ多くなると強いです」

物理的にヨーロッパの三大リーグ(ドイツ、イングランド、スペイン)と距離も近いので、若い選手たちもベルギーで活躍してステップアップを図る目標や夢を見やすいということだろう。これが村中氏が話した2つ目の理由(=周辺国へのアクセスが良く、バス移動もできてコンパクトな経営ができる)に当てはまる。

ベルギーにはなぜ公用語が3言語あるのか

3つ目の理由、公用語がフランス語、オランダ語、ドイツ語と3つある点をみていこう。

リーグ最終節で3得点1アシストの結果を出し、チームを1部残留に導いた豊川雄太(KASオイペン)は言語についてこう話す。


オイペンの残留を導くハットトリックを決めた豊川雄太(筆者撮影)

「所属チームがある(リエージュ州の)オイペンは、ドイツとの国境に面しておりドイツ語を公用語としています。

ただし、フランス人のマケレレ監督の影響もありチーム内ではミーティングも含めフランス語が使われています」

シント=トロイデンVVでプレーする冨安は「日常会話が英語じゃないんです。フランス語とオランダ語が基本ではあるんで。英語がつねに飛び交っているわけでもないんですよ」

強豪アンデルレヒトの森岡は「チーム内では英語です。いろいろな国籍の選手がいるからだと思います」

お互いに車で1時間ほどで行ける場所で活動している3人の回答が三者三様で興味深い。たくさんの言葉が飛び交うということはいろいろな国のルーツを持つ選手たちがいるということだ。

いろいろな国の選手と毎日の練習などでしのぎを削る経験はワールドカップなどの国際舞台で必ず生きるはずだ。森岡はたくさんの国の選手がチームメートにいることについてこう話した。

「外国人慣れしているベルギーの国民性というか、アフリカ系の選手とか、色んな国の選手がいるので、日本人やアジア人に対する抵抗が少ないです。外国人のひとりという感じです。『アジア人だ!!』みたいな雰囲気が少ないので、そこの入り込みやすさはあると思います。外国人が多いので、普通にみんながコミュニケーションを取っている中に入るという感じです。

これがベルギーの前に所属していたポーランドのクラブになると外国人枠が少ないので、ポーランド人がチームに多いんです。みんなポーランド語でコミュニケーションを取っていて難しさも感じました。ベルギーに来たときに、日本人の入りやすさというのは、すごく感じましたし、ハードルが低いかなと思います」

外国人慣れしているベルギーの国民性が結果的にベルギーをサッカーの強国にした一因だろう。

(文中一部敬称略)